いつのことだか思い出してごらん。

クリスマスの街

クリスマスって、
ムードとしてやっぱおもろいなって印象があって。

それはプレゼントがもらえるとか、
意中の異性とドウタラコウタラではなくて、
寒い季節の雪に似合う祝い事、お祭りだなって。

そんな感覚がどこから来るのかって思い返してみて、
そういえばクリスマスの街に行ったことがあるんです。

with父
with母

ぼんやりとした思い出で、
「クリスマスの街に行ったことない?」って母に問いかければ、
スっと出てきたミシガン州のフランケンムースってとこ。

どうやら世界で一番大きいクリスマスのお店があるみたいです。

バレた

自分にとってのサンタは、
車のトランクにフットロッカーの袋を見つけた瞬間に一度蒸発したけど、
(その年はエアージョーダン5が欲しかったのだ!)
最近また、やっぱりいるような気がしてきてます。

だって周りには、
今年もサンタに仕事をもらった友人も多い。
羨ましいっす。

いつかまた大切な人達と行ってみたい場所。
想い、願いの貯金は続くなー。


コメントを残す