もし、

空気を感じて

僕が間違ったなら、嘘をついたなら
孤独の闇に連れてきたとしたなら

そして知っていたなら、いつかの景色なら
目の前に亀裂が走って

みんなが正しくて、僕達が間違っていたなら
僕がここに導いたとしたなら

たとえ僕が間違っても、正しくても
今夜はここであなたの側にいさせて

幾千の車、幾千の列車
幾千の逃げるための道がある

でも僕は迷子じゃない、まだ見つかることもない
ディランの妻でも、コーエンのファンでもない

たとえ僕が間違っても、正しくても
今夜はここであなたの側にいさせて

そして僕に出来ないことがあっても、出来ることがあっても
ただの取り柄のない男だったとしても

意志があれば、方法があれば
きっと変われるよ、僕はデヴィッド・ブレインだから

たとえ僕が間違っても、正しくても
ここであなたの側にいさせて

たとえ僕が間違っても、正しくても
今夜はここであなたの腕の中にいさせて

そして僕は間違ってきた、正しくもあった
そのどれもが同じ夜の下で

だから僕が間違っても、正しくても
ここにいさせて、今夜あなたと。

そんな素敵な言葉を歌うのがこの曲。

If I Be Wrong – Wolf Larsen

翻訳はオリジナルなので、
本当に大事な相手に贈る場合のみ、
著作権フリーでOKにしとくよっ!


コメントを残す